グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




外来


師長 内藤 由美子(副部長兼務)
11の診療科を配し、診察・検査・治療への支援を行っています。
通院をされながら、外来での治療(化学療法、放射線療法、術後の経過観察など)を受けられる方も多くなってきています。 緩和ケア科も今以上に充実を図っていけるように、平成26年7月に地域緩和ケアセンターもオープンしました。 高齢化がさらに進む中、地域との連携も重要な業務となってきています。 私たち(医師、看護師、検査技師、薬剤師、医事課事務職員、看護補助職員)に出来ることは何かを考え、安心して在宅療養をして頂けるように努力してまいります。気軽にお声をかけてください。

相談支援センター

サービスカウンター


化学療法室

がん化学療法看護認定看護師を配置し、治療と治療に関連した相談、副作用への対応方法など、安心して治療を受けていただけるように心がけています。
日々、新しい薬剤の情報が入り、治療も全科の患者さまと関わる部署ですが、確認・実施・準備には細心の注意を払い、安全に治療を受けて頂けるよう努力しています。 治療中は、音楽を聴きながら…、本を読みながら…、リラックスして治療を受けていただけるように、ベッドまたはリクライニングチェアを選択して、過ごしていただけます。

採血検査、診察前の安静、点滴、処置、検査後の安静…。
多様な状況に合わせて、対応を図れるように、柔軟な姿勢で安全な技術が提供できるように努めています。


玄関受付

看護師と、ボランティアさん(の力お借りして)が、初診の方へも安心して受診、相談ができるように対応しています。

診療科にはこんな科があります

内科(呼吸器内科、消化器内科、総合内科、循環器、血液内科、腫瘍内科)
外科(呼吸器外科、消化器外科、整形外科)
乳腺科、麻酔科、放射線療法科 、緩和ケア科(通常は地域緩和ケアセンターで診察します)