グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護部のご案内 >  各部署の紹介 >  地域緩和ケアセンター

地域緩和ケアセンター


地域緩和ケアセンター師長 安田 千雅子

地域緩和ケアセンターとは

ケアセンターメンバー

がん患者さんとご家族は、がんと診断された時から、痛みなど体の辛さ、不安な気持ちや気分の落ち込み、家庭や仕事との両立、経済的な問題など様々な困難に遭遇します。緩和ケアではこうした問題について、患者さん、ご家族と一緒に話し合いながら解決の手立てを考えていきます。

このようなサポートは、入院中だけでなく、外来通院の時や自宅で療養している時にも受けられます。また地域緩和ケアセンターでは、病院内の様々な部門の専門職スタッフと連携を取り、早期から切れ目のない緩和ケアを提供できる体制を整備して、がん患者さんとご家族の方が安心して暮らせる地域つくりに努めていきたいと考えております。
地域緩和ケアセンターでは様々な部屋を設えています。面談室では専門スタッフ(看護師、相談員など)が日常生活での困りごとに対し相談できます。またセラピールームではリンパドレナージなどのケアを、デイルーム(ホール)では患者さん同士の交流や地域住民の方や専門職向けの講演会や研修なども行っております。

ケアセンター内観

ケアセンター外観