グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護部のご案内 >  専門・認定看護師の活動 >  緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師


「緩和ケア」は「生きること」
『緩和ケア』と聞いて、どんなことをイメージしますか? 終末期? 最期のケア?どうでしょうか。これらは間違いではありませんが、それだけではありません。緩和ケアはがんの診断時から始まるケアで、場所や病期は問わずどこでもだれもがうけられるケアです。そして、患者さんと共に気持ちの揺れ動いているご家族のケアでもあります。

患者さんが病気や治療に伴う心と体の辛い症状を抱える時には、自分らしく生きるために生活しやすい症状の緩和を目指します。ご家族のお話もお伺いし、情報提供や休息などを一緒に考えていきたいと思います。

また、リンパ浮腫のケアも行っています。むくみが軽減することで、階段の手すりが掴めるようになった! 歩きやすくなった! 家事がしやすくなった!と、生活を取り戻すケアの一つになっています。むくみが気になる方はお声かけください。

緩和ケアの根底に流れているホスピス創始者のシシリー・ソンダースのメッセージを紹介します。「あなたはあなたであるから重要であり、あなたの人生の最後のときまで重要です。私達はあなたが平安のうちに死ぬことができるだけでなく、最後まで生きることができるように、できるかぎりのことをさせていただきます。」

山内 加寿巳