グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護部のご案内 >  看護部について >  ごあいさつ

ごあいさつ


看護部長 近藤 俊美

県民の皆さまに満足していただける医療の提供をめざして

当院は、三河地域のがん医療の中核病院として、高水準の治療を提供することを使命としています。その上で、患者さんに満足していただける良質な医療の提供、患者さんを始めとする地域の皆さんへも、安心・安全と思っていただける看護の提供に努めています。診断・治療・症状緩和と、それぞれの時期で必要とされる看護に対し、看護部理念に掲げたように、確かな知識と技術を身につけ、患者さんに信頼されるよう心を込めて看護をします。

そのために、実践能力の向上に向けた院内教育に力を入れ、新人で入職した時から患者さんに安心・安全な看護の提供ができるよう、人材育成を計画的に行っています。

また、平成26年開設の地域緩和ケアセンターの運用の充実を図り、在宅で過ごされる患者さんへも、地域の医療機関の方々と当院がしっかり連携をさせていただき、安心して療養ができるよう活動するとともに、地域がん診療連携拠点病院の名に恥じぬよう、各部門と協力し、患者さん・ご家族の方へのサポートの実施に努めます。

当院に興味を持っていただいた看護職、学生の皆様へ

看護部メンバー

看護部は「楽しく看護」「考えて看護」「続けよう看護師」をキーワードに、今年度も新人看護職員を迎えてスタートしました。私が、大事にしていることは、患者さん、同じ看護職、医師、他のコメディカル…、関わる全ての人とのコミュニケーションです。まず話されることを謙虚な気持ちで聴き、自分が理解したことを確かめ、考えて行動に移す。最初は時間がかかるかもしれません。
大事なことを伝えること、自分の考え、思いを相手に分かるように伝えることは時として難しいですが、とても大切なことです。看護、医学というよりも人間性に関わってくることでもあります。がんセンター愛知病院で、人との関わりを大切に、一緒に働きませんか。病院職員全員でWelcomeです。