グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当院について >  病院概要 >  がん診療連携拠点病院

がん診療連携拠点病院


がん診療連携拠点病院とは
全国どこでも質の高いがん医療を受けることができるよう、都道府県による推薦に基づき厚生労働大臣が指定する医療機関で、がんに関する診療体制や研修体制、情報提供、他の医療機関との連携などについて、国が定めた基準を満たしています。

「がん診療連携拠点病院」には、都道府県の中心的ながん診療機能を担う「都道府県がん診療連携拠点病院」(都道府県に概ね1カ所)と、「地域がん診療連携拠点病院」(二次医療圏に1カ所程度)とがあります。

また、その他に「がん診療拠点病院」がありますが、これは愛知県におけるがん診療の充実を図るために、厚生労働大臣指定の要件に準じる病院を、愛知県知事が指定した病院です。

全国の拠点病院の一覧は、国立がんセンターがん対策情報センターのページに掲載されています。

県内のがん診療連携拠点病院(厚生労働大臣指定)、がん診療連携拠点病院(愛知県知事指定)の一覧は、愛知県健康福祉部 保健医療局健康対策課のページに掲載されています。

愛知県がんセンター愛知病院は、平成27年3月31日付けで「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。現在の指定期間は平成27年4月1日から平成31年3月31日までとなっています。今後4年ごとの指定更新を目指します。

がん診療連携拠点病院指定書