グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当院について >  院内感染対策指針

院内感染対策指針


愛知県がんセンター愛知病院における院内感染対策指針
愛知県がんセンター愛知病院(以下「病院」という。)は、病院の理念に基づき、患者さんに安全・安心・快適な医療環境を提供することを目的に、感染防止および感染制御の対策に取り組むため基本的な考え方等を以下のとおり定めています。

1.院内感染対策に関する基本的な考え方

標準予防策を基本とし、院内感染の防止対策を実践します。
標準予防策とはすべての患者の血液・体液・排泄物を感染の可能性があるものとして取り扱うことであり、院内感染を防止することで患者を交差感染から守ると共に、医療従事者の職業感染を防ぐことを目的とし、理念に基づく医療が実践されるよう本指針を作成します。

2.感染対策委員会の設置

1)院内における感染防止に関する事項を審議し、病院全体の問題点を把握し、改善策を講じるなど院内感染対策活動の中枢的役割を担うために、病院長を委員長とした院内感染対策委員会を設置します。その活動については、「愛知県がんセンター愛知病院院内感染対策委員会規約」に定めます。
2)院内感染対策における実践的な役割と迅速な実施、院内への周知を担うため、呼吸器内科部長を委員長とした感染対策チーム(infection Control Team:以下 ICT )を設置します。ICTの業務、メンバーなどについては、「愛知県がんセンター愛知病院院内感染対策委員会規約」に定めます。

3.職員研修に関する基本方針

院内感染対策の基本的考え方および具体的方策について病院全職員へ周知徹底するため、また感染対策に関する意識の向上を図るために定例研修会を年2回開催します。
必要に応じて随時開催し、研修の内容及び参加者名簿を保存します。

4.感染症の発生状況の報告に関する基本方針

耐性菌、市中感染症等の院内発生に伴う院内感染拡大を防止するため、感染症の発生状況などを院内感染対策委員会、ICTを通じて病院全職員に速やかに周知します。また、必要な場合は、速やかに対象部署へ直接通知することで感染拡大を防止します。

5.院内感染発生時の対応に関する基本方針

1)院内感染発生時は、院内感染の発生した部署(以下「発生部署」という。)の職員が直ちにICTに連絡し、ICTはその状況および患者への対応等を病院長ならびに院内感染対策員会に報告します。
2)発生部署の職員およびICTは、速やかに発生の原因を究明し、対策を講じ実施します。
3)院内感染に対する対策とその結果は、院内感染対策委員会、ICTを通じて速やかに病院全職員へ周知します。

6.患者等への院内感染対策指針の閲覧に関する基本方針

本指針は、患者または家族が閲覧できるものとします。また、病院ホームページにおいて一般に公開します。

7.院内感染対策推進のために必要なその他の基本方針

1)病院職員は、自らが院内感染の発生源とならないため、定期健康診断を年1回以上受診し、日常から健康管理に留意します。
2)院内感染防止のため、病院職員は院内共通の「感染対策マニュアル」を遵守します。
3)「感染対策マニュアル」は、必要に応じて見直し、改訂結果は病院全職員に周知徹底を図ります。