グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  特色と取り組み >  緩和ケア >  地域がんサポートチーム

地域がんサポートチーム


当院に入院されている方への対応

院内スタッフと地域がんサポートチームスタッフとの
カンファレンス

当院では、がんにまつわる身体の苦痛な症状や、様々な心配事が、少しでも和らぐように、地域がんサポートチームがお手伝いをしています。がんの治療は大変なこともたくさんありますが、少しでも快適に治療を継続していただけるように、主治医と連携を取りながら、緩和ケア科医師、精神科医師、がん看護専門看護師、薬剤師などの多職種がチームになって治療やケア等について一緒に考えていきます。当院に入院している方なら、どなたでも利用することができますので、ご希望の際には、主治医または看護師にご相談ください。
なお、外来通院中の方の困りごとについては、で対応しています。

在宅で療養されている方への対応

地域がんサポートチーム

当院の地域がんサポートチームは、住み慣れたご自宅での療養生活を支援するために、訪問診療・看護を行っています。痛みなど苦痛な症状が強い場合には、症状を和らげる治療について、チームの専門の医師、看護師が、在宅主治医、訪問看護師と共同でご自宅を訪問し、対応法を一緒に考えていきます。また、チームで対応している方は、ご自宅での生活が難しくなったときに、365日24時間いつでも当院で入院できるように、後方支援病院の登録をすることもできます。住み慣れたご自宅で生活することは、どのような時でも、準備と工夫で可能なことが多いです。ご自宅での生活に心配なことがあれば、是非一度ご相談ください。

サポート問診票による苦痛のスクリーニング

当院では、がんによって生じる苦痛を、早期にみつけて対処するために、サポート問診票による苦痛のスクリーニングを行っています。入院時、外来受診時などに問診票への記入をお願いすることがあります。
お手数をおかけしますが、困っていることや心配事などあればお気軽にお知らせください。