グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  特色と取り組み >  緩和ケア

緩和ケア


緩和ケアとは

がんなどの疾患によって生じる様々なつらさを和らげることで、生活、人生の質を改善するためのケアです。

がん患者さんとご家族は、がんと診断された時から、様々な困難に遭遇します。痛みなどの身体的な苦痛、不安や気持ちの落ち込み、家庭や仕事とがん治療の両立の悩み、医療費などの経済的な問題、このような中で、時には自分の存在価値がわからなくなってしまうこともあります。緩和ケアでは、患者さん、ご家族と話し合いながら、こういった問題に一緒に取り組んでいきます。

緩和ケアは、外来通院中や入院している時、自宅で療養している時にも同じように受けられる必要があります。当院では、院内の各部門や地域の専門職と連携し、療養場所に関わらず、がんの診断時から切れ目のない緩和ケアを提供できる体制を整備し、がん患者さんとご家族が安心して暮らせる地域づくりに努めています。

関連リンク
緩和ケア.net 緩和ケアとは http://www.kanwacare.net/kanwacare/(別ウィンドウで開きます。)

世界保健機関(WHO)による緩和ケアの定義(2002年)

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、 心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療)を行うことによって、 苦しみを予防し、和らげることで、生活、人生の質を改善するアプローチである。

当院の緩和ケアについて

外来に通院中の方

がんの治療中でも、外来に通院しながら、つらい症状や不安、治療の悩みなどについて相談できます。

地域緩和ケアセンターホール

入院されている方

つらい症状などに専門のスタッフがチームで対応します。必要な場合には緩和ケア病棟に入院していただくことができます。

緩和ケア病棟

ご自宅で療養している方

緩和ケアの専門スタッフがご自宅を訪問して、地域の専門職と一緒に困っていることに対応します。

地域がんサポートチーム