グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科案内 >  呼吸器内科

呼吸器内科


呼吸器内科は肺がんや悪性胸膜中皮腫を中心とした胸部悪性腫瘍の診断と化学療法を最新のエビデンスに基づいて行っています。

ページ内目次


スタッフ紹介

院長
齋藤 博
略歴 昭和54年卒業
資格等
  • 日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
  • 日本呼吸器病学会専門医、指導医
  • 日本呼吸器内視鏡学会認定医、指導医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医、暫定指導医
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)

患者さんへのことば

最新のがん診療を提供することで三河地区の地域医療に貢献したいと考えています。また肺癌などの呼吸器悪性疾患のセカンドオピニオン外来を担当しています。お気軽にご相談ください。

部長
奥野 元保
略歴 昭和59年卒業
資格等
  • 緩和ケア研修会修了

患者さんへのことば

肺癌の診断、治療については当院呼吸器内科におまかせください。
個々の患者さんの状態や希望に合わせて、呼吸器外科、放射線科、緩和ケア科と連携をとり、最適な治療を提案しています。肺癌の疑いがあると指摘された場合などは是非当院に受診されることをお勧めします。

医長
髙橋 孝輔
略歴 平成9年卒業
資格等
  • 日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会専門医、指導医
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医、指導医
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

患者さんへのことば

肺がんなど呼吸器疾患の診療を行っています。肺がんの治療には手術、放射線療法、化学療法などを組み合わせることがありますので、当院では呼吸器外科・放射線科と相談しながら治療方針を決定しています。また、痛みなどの症状がある場合は1日でも早く症状が改善するように心がけています。困った症状があればご相談ください。

医長
犬飼 朗博
略歴 平成9年卒業
資格等
  • 日本内科学会認定医

患者さんへのことば

平成24年7月に名大病院より当院に赴任しました。当院に赴任して感じたことは、臨床試験や治験も多く単なる診療に止まらず、臨床研究にも力を入れているということです。微力ながら私も三河地区のがん診療とがん治療の進歩のために貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いします。

医長
近藤 千晶
略歴 平成17年卒業
資格等
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本呼吸器学会専門医
  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
  • 日本禁煙学会認定専門指導医
  • 緩和ケア研修会修了

患者さんへのことば

肺がんを含む呼吸器疾患の内科治療を担当しています。特に肺がん領域では近年多くの新しい治療薬が開発されています。患者さん一人一人に最善の治療ができるよう一緒に考えていきたいと思います。治療法や症状など分からないことがあれば、お気軽にご相談ください。

理念

三河地区のがん専門病院として、肺がんや悪性胸膜中皮腫に対して、最新の診断・治療を患者さんに提供していきたいと考えています。がん化学療法や放射線治療を行う際は、開始前に患者さんに病気の状態や治療により得られる効果や副作用を十分に説明し、最新のエビデンスに基づいた治療法を提供するように努めています。また常に患者さんに最善の治療を提供できるように、呼吸器外科、放射線科、緩和ケア科と連携しています。

特色

肺がんや胸膜悪性中皮腫の化学療法の治療経験が豊富で、その成果を学会や論文として発表しています。それぞれの患者さんに適した診断方法や治療方法を検討するために、呼吸器外科、放射線科と合同でカンファレンスを行っています。また肺がんの内科的治療についてのセカンドオピニオン外来を行っています。

さらに当科はすぐれた肺がんや胸膜悪性中皮腫の治療法を開発するために、積極的に新薬の治験や多施設共同の臨床試験に取り組んでいます。現在,西日本がん研究機構(WJOG)、中日本呼吸器臨床研究機構(CJLSG)などの臨床研究グループに参加して、肺がんや悪性胸膜中皮腫の標準的治療法の確立を目指し全国のがん治療施設と協力しています。