グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




薬剤部


薬剤部では、調剤及び注射剤業務、医薬品情報提供、抗がん剤等の無菌調製、服薬指導、治験薬等の管理など多岐にわたる業務を行っています。

スタッフ

薬剤師 9名
緩和薬物療法認定薬剤師 1名
認定実務実習指導薬剤師 2名
研修認定薬剤師 2名

診療内容

理念

薬剤部の理念

薬剤師の職能を発揮し、適正に業務を行うことにより、病院の理念の達成に努めます。

薬剤部の方針

  1. 患者さんの立場に立ち、プライバシーを尊重して守ります。
  2. より安全で安心な薬物療法を遂行するため、絶えず研鑚に励み、適正な薬学的管理と医薬品情報の収集・提供を行います。
  3. 医学的な根拠に基づく適切な がん化学療法の実施に努めます。

特色

がん専門病院の薬剤部として、化学療法をうける患者さんの注射薬の調製(抗がん剤のミキシング業務)を原則薬剤師が行っています。
抗がん剤の払い出しは、治療計画のチェックシートを作成し、投与量や投与間隔(休薬期間)等の確認をしています。調製時に注射混注鑑査システムを使用して薬品チェックや重量鑑査を行い、患者さんにより安全で安心な化学療法を受けていただけるよう努めています。
服薬指導については、抗がん剤、麻薬等を使用している入院患者さんを中心に、適切な薬物療法を受けられるように、薬歴を管理し、各病棟の担当薬剤師が飲み合わせや重複投与の有無を確認し、ベッドサイドに出向いて薬剤について必要な説明や指導を行っています。
また、緩和デイケア、地域がんサポートチーム、感染対策チーム、褥瘡対策チーム、栄養サポートチーム、医療安全管理にも参加し、医療チームの一員として薬剤師の職能を発揮しています。